労働者が考えるべき「自分のこと」について

労働者は、これからどのような意識を持って

「仕事をする、転職する」を考えたらよいか

 

お話ししたいと思います。

 

企業はますます「自動化」や「できる人材」の確保に努めようとしています。

 

できる人材とは、利益をもたらす人材ということです。

 

なので、そう思われるためには、まず自分(労働者)のスキル分野を整理・自己分析する必要があります。

 

 

①自分のコミュニケーションスキル

⇒交渉力、調整力、提案力、プレゼン力 通訳などの分野

 

②自分の人脈
⇒自分にないスキルを調達する力、信用力

 

③自分の行動

⇒失敗した回数(経験)、学習(資格取得等)、成績(数字達成)、健康体力、提案力

 

④自分の専門分野の知識
⇒IT分野など、業界実務力、資格実務

 

⑤どんなこと(仕事)ならワクワクするか

⇒人生を考える、転職、業務改善

 

 

以上5点になりますが、自分で整理し、

いつでも「自分のこと」を他者へ見せれる状態にすることが必要でしょう。

 

 

過去と今の自分の仕事ぶりを棚卸し、自己分析から始めて下さい。

 

 

(自己分析はかなり時間かかります。友人や上司、同僚などから自分ってどんな人?と聞いてみる

のもいいかもです)

 

 

これらを必要に応じて企業や人に自己アピールできたなら、

 

他者を圧倒する印象を与えることができる。

 

 

①⑤は仕事するうえで、特に自分にとって重要ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。