「生産性向上」の道は険しいな。

本日は大阪の企業へご訪問させて頂きました。

 

思った以上に、企業の「生産性向上」に関する意識(推進)が遅れているという。

 

ある地域では、オーナーが高齢化(どこの地域もそうだが)し、昔ながらのやり方から

 

脱却できないらしい。例えば、求人募集にしても、時給1000円で近所の方を募集するという。

 

さて、集まるのだろうか?(まあ厳しいだろう)

 

そして20年前の単価のまま受注し続けているという。(利益は上がらず、採用もできない)

 

時代が変わったというのに、なかなか意識が変わらない・・・。本当に悲劇ですね。

 

もう一つの例は、オーナーの意識は変わっているのに、社員(幹部)が変われないことだ。

 

新しい方法を避けるという。(そんな前例はない。今までのやり方がある等)

 

保守的な社員は非常に厄介だ。「面倒だ」「失敗責任はとれない」「これまで通りが無難だ」等。

 

社員は自分のサイフが痛まないから、会社のサイフは他人事のように見えたりもする。

 

(全ての社員とは言わないが)例えば、ムリ・ムラ・ムダを放置する、在庫が溜まっているのに

 

解決努力を怠る、情報を遮る(隠す)、大幅な値引き、勉強を怠る等・・・。

 

今は自分のサイフは痛まないけど、じわりじわりと自分のサイフが痛むことになるのにね。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。