ワークライフバランスの本当の意味

人生100年時代をどう感じてますか?

 

その名の通り、人生100年生きる確率が凄く高くなったということ。

 

①自分の親世代は固定化したレール

(例1)学校⇒仕事⇒定年退職⇒終焉

 

 

②今の世代の流動的なレール(今の世代や子供世代)

(例2)学校⇒仕事⇒余暇⇒起業⇒学校⇒仕事⇒起業⇒転職⇒余暇⇒終焉

(例3)学校⇒仕事⇒転職⇒転職⇒余暇⇒学校⇒仕事⇒起業⇒終焉

 

 

100年生きるとなると、一定の仕事で生活するのは厳しいと感じませんか?

 

 

年金なんか当てにできないし、かと言って、収入が2倍3倍になるような仕事を

 

しているわけでもない。(多くのサラリーマンや経営者がそうでしょう)

 

 

もうひとつ言うなら、時間との闘いですね。

 

この②の流れは人によって変化するし、人が主体性を持って取組むべき傾向ですね。

 

決して他人から言われて取り組むようなことでもない。自分で気づかないといけないよね。

 

 

この流動的な動きに対応するための「健康」「精神状態」を維持、向上することも必要でしょう。

 

おいおい、そんな時間がないし作れないという人も多いかと思いますが、

 

 

会社に縛られないように工夫して、自分の時間を作ることが必要です。

 

共働きや副業を計画し、実行することも大事ですね。

 

ワークライフバランスというのは、自分の未来への投資(時間を有効活用する)

 

だと断言できます。決して「ゆっくりしながら給料を稼ぐ」ということではないのです。

 

 

実際、私もそういう実感があって色んなことに挑戦しています。

 

 

この挑戦は5年後10年後に果実を得られるかわからないけど行動に移しています。

 

 

政府も「働き方改革」という名のもと、警鐘を促しているのですね。

 

 

人生100年時代について、皆さんはどう感じていますしょうか?コメント頂ければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。