地方活性化の本質について感じたこと

12月2日、3日と山梨県に行って参りました。

 

今回は地方創生の一環で、就農等の視察と見聞にお邪魔いたしました。

 

山梨県と滋賀(関西)は互いに余り縁がない地域ということもありますが、

 

今回の訪問で密に関係性を築けたらと思っています。

 

詳細は機密的なこともあり割愛させて頂きますが、

 

このコロナ禍においては「自分の人生をどうするのか」という関心の方が高いということを確信しました。

 

 

すなわち「地方をいかに活性化させるのか」ではないのです。

 

自分のやりたいことや関心があることをするには「地方に行かないとね」という線なのです。

 

 

このフローは抑えていきたいところですね。

 

それには各地方で官民一体となって取り組み方を見直すべきなんです。

 

歴史や文化、観光地などの魅力を伝える事も重要ですが、

 

 

この地方に来れば、「こんな人生が待っている」

「穏やかに食うに困らない人生を送れる」「週末は自分の趣味に没頭できる」等、

自分の人生をどうしたいのかが起点になると感じるのです。

 

 

いかがだったでしょうか?コメント頂ければ嬉しいです。

 

※写真は山梨県から見た富士山です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。