14業種の「素形材産業」って何?

国会で審議している外国人就労の新たな在留資格について、注目しているのが14業種の中の「素形材産業」なのですが、

 

 

これは非常に範囲が広く、金属素材や樹脂のような高分子物質が持っている塑性(個体が弾性限度を超えた大きい力を受けて変形

 

 

するとき、力を除いてもその変形がもとに戻らないで残ってしまう性質)を利用し、荷重によって形状を与えて製品を製造する

 

 

技術だそうです。例えば、押出し加工、圧延加工、鋳造加工、引抜加工、しごき加工、熱間加工、冷間加工など、多岐に渡る。

 

 

理工出身ではないので、間違ってたらすみません なのですが、プラスティックも入るのだろうなと感じます。

 

 

色んな製造業があるけれど、ほぼ「加工する」産業は該当するのではないかなと。総じて、「組立産業に供給する産業」

 

 

という意味だそうです。しかし、国会の先生方は、これら意味をわかっているのだろうかね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社 スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。