人材業界は①BtoB②BtoC の2つがある

人材派遣はBtoBだけど、BtoCもある。

 

2つの顧客(企業とスタッフ)があるのです。

 

 

スマホ(ネット社会)が発達した現在において、

 

toCはこれまで以上に重要視しないとダメですね。

 

企業からオーダー頂き、登録データから抽出して採用するパターンから、

 

登録スタッフからどんな仕事がしたいのか、どんな働き方がいいのか聞き出し、

 

新規企業にアプローチするパターンが更に可能になったと感じます。

 

これをルーティン化できたら、面白いくらいに効率的に効果的に

 

新規企業と取引できる気がします。これはこれまでも事象としてはあったことなのですが、

 

それを意図して取り組めたかなといえば、そうではないと感じています。

 

 

大手人材会社では戦略的に実施済みもあるでしょう。

 

営業マンは今でも企業へ飛込営業や電話アポをしているところもあるでしょうが(あるかな?)

 

意図するところは・・・

 

企業紹介や仕事内容を伝える取材、動画編集など

クリエイター的な仕事に移行するのかなと思っています。

 

 

これは2年前に考えていたことですが、営業マンはテレワークがやりやすい仕事になるでしょうね。

 

これからの派遣会社営業マンは、

クリエイターとしてのスキルは必要不可欠になるでしょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。コメント頂ければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。