今年度「最賃引き上げ」は見送りに。

中央最低賃金審議会が、リーマン以来の現行水準を維持ということで、

 

今年度の最賃引き上げは見送られたようだ。

 

賃金アップというより「雇用維持」を優先した。

まあ、当然といえば当然の結果だろう。

 

 

知っている方もいるでしょうが、毎年最賃は引き上げられているのですが、

 

東京、神奈川はすでに1000円以上になってますし、

 

大阪ももう少しで1000円に迫る勢いです。

 

ここからは個人的な意見ですけど、

 

中小零細は雇用に消極的になるのではないかなと。

 

最賃が950円~1000円になると

 

労務費(社会保険料等)の上昇するシステムになので、

 

これ以上負担するのは大変なんです。

 

会社の生産性を上げないとやっていけないですね。

 

 

当社も大阪の取引先となると値上しないと無理ですからね。

 

大都市で会社を経営する側からすると、

都心でやる意味がもうなくなってくる気がしますね。

 

 

固定費コストが高くなるので大変です。

 

ましてや儲けれる時代でもないからね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。