企業の融資と利益について

コロナ禍で融資を受けた経営者は非常に多いと思います。

 

3年間は無利子、未返済でOKというものです。

 

しかしこの借金は、いずれ返済しなければなりません。

 

そう思うと、経営者の方にズシッと重い責任がのしかかりますね。苦笑

 

 

3年以内に軌道に乗せないとダメなんです。この3年が勝負ですよ。

 

 

一般的に資金調達では銀行から融資を受けるものが多いのですが、融資を受けるにも

 

基準があります。昨年、一昨年の業績はもちろん、借りたお金をどんな使い方をするのか

 

明確に根拠を示す必要があります。(あとは経営者の信用も)

 

実は運転資金だけでは融資は受けれません。過去の業績が悪い場合も融資は受けづらくなります。

 

また、過去の返済実績も大いに影響を受けます。なので、

 

企業は黒字経営して、黒字の決算書にしないとダメなんです。

 

 

仮に毎月の返済が50万だったとします。
企業は少なくとも毎月50万の営業利益を叩き出さないと資金繰りが悪化するのです。

 

50万儲かって50万返済ですからね。

 

(実際はこれでも資金は減ります。なぜなら消費税など支払いがまだあるからです)

 

 

とにかく日本は何重にも課税されるので、本当にお金は残りにくい仕組みなんです。

 

逆に税金を払わないとお金が残らないとも言えます。

 

今後企業が生き残るには、そうですね・・・

 

 

粗利だけでも最低60%は残るビジネスをしないと厳しいですね。

 

 

もうこれはデジタル・IT化(生産効率を上げる)しないと達成はほぼ無理ゲーです!

 

あー派遣ビジネスはおおよそ25%~30%なので本当に厳しいですね!

 

従来の派遣ビジネスでは無理ゲーということです。

 

派遣業界の改革についてはまた書いていきたいと思ってます。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事に関するご意見やコメントあれば下記のコメント欄から送信ください。

また、お仕事や転職の相談、滋賀県や京都で働きたいという方、

派遣や紹介等で人が欲しいという企業担当の方からもコメント頂ければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。