プロ野球の契約から見るビジネスマンの在り方

久し振りにスポーツ(プロ野球)について書こうと思います。ビジネス的な視点で書きますので

 

興味ある方は最後までお読み下さい。

 

巨人が断トツで首位独走ですね。原ジャイアンツの戦いぶりを見ていると、昔と全く変わったなーと

 

感じます。昔は固定のメンバーで先発完投が重視されてましたが、今は固定のメンバーが3人位で、

 

あとは日替わりにメンバーが変わります。これはデータ重視と得手不得手を数字で判断したり、

 

選手の特性を活かして起用し、統合的に勝ちに行くという(勝率を上げる)施策に変わったんだね。

 

私が感じるのは、プロ野球の中でも「同一労働同一賃金」が始まっているなと。(笑)

 

 

ホームラン、打率残せる選手は大型契約となり、守備、走塁は小型契約、先発完投、抑えは大型契約、

 

中継ぎは中型契約、です。

 

 

求められる仕事も完全に明確化していて、
あなたには盗塁を期待している、
あなたにはどこでも守る守備を期待している、

 

 

みたいに、やるべき仕事が提示(指示)され、


その結果を見て、次年度の契約が決まると。

 

なので、チーム自体がほぼ役割分担になっているが、

注目すべきは、選手たちが経営目線(大局的思考)

 

なっているところが強さの秘訣かなと感じるのです。

 

それを監督(社長)が選手を上手く活用して勝利している。

 

 

 

 

会社で言えば、経営者目線で結果を出せる人材が大型契約、

業務(指示されて)をこなす人材は中・小型契約ですね。
その中でも、主体性を持って取組める人が中・大型契約候補になれる人かなと。

 

 

主体性を持ってというのは、プロ野球で言えば、「来期もホームラン30本打ってね」

ビジネスで言えば、来期は「売上○○○○ 作ってね」です。それを達成する方法は
あなた(主体性を持って)にお任せです。という契約です。

 

ちなみに増田選手は野手でどこでも守り、盗塁も2位ですし、

 

敗戦処理投手までやってのけます。個人的にこういう選手が「天才」ですね。会社にも欲しい人材です。

 

 

まず、雇用される人は、自分が何が得意で何が不得手か、面接時に自分のスキルをどう伝えるか、が

 

重要です。例えば、問題解決能力がある人なら、それはコミュニケーションスキルがあるといえますね。

 

なおかつ御社で働けるなら○○の分野で○○という成果を出すことができる、と言えたら最高です。

 

 

勘違いしてる人もいるかもしれないですが、

 

「成長したい」って人は、育成契約になりますよ。

ビジネスで成長したいって人を雇う余裕はないからね。

 

 

「人柄が明るい」「PCは得意」という人を見込んで、

育成契約(契約社員)するのです。

 

 

そして1年後の結果を見て、更新するかを決めるというものです。なので、

 

 

育成契約の選手(社員)はひたすらトレーニング(勉強して)

1軍(ビジネス)で通用する選手にならないとダメなんです。

 

 

それが雇用され得るスキルを磨くということです。(エンプロイアビリティ)

 

企業は結果を重視しますからね。それはプロ野球も同じですね。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事に関するご意見やコメントあれば下記のコメント欄から送信ください。

また、お仕事や転職の相談、滋賀県や京都で働きたいという方、

派遣や紹介等で人が欲しいという企業担当の方からもコメント頂ければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。