文系でもAI人材になれるとは、どういうことなのか。

日このブログで、「文系でもAI人材になれる本」をご紹介しましたが、

 

読まれた方はいますでしょうか?

 

 

これから更に「AI×データ」に関する技術が上がってくるので、

 

これまでのような

 

「プログラミング」のように、自らゼロから造り上げることは

なくなってくるとは思います。

 

 

要するに、「AIを使う側」になることが、

 

これからの時代において必要不可欠となります。

 

 

わかりやすく言うと、

 

自ら考えて新しいビジネスモデルをつくるとか、

今ある会社の業務をいかに効率的に効果的な方法を考えるか等を、

「考えられる人材」になるということです。

 

 

「業務の効率化と効果を発明する」という言い方ならわかりやすいでしょうか。

 

 

今実践している仕事を、何も考えずにひたすらやっているだけの人は、今からでも

 

遅くないので視点を変えて、どうすれば効果的(数字に表れる、成果となる)になるか

 

考える癖をつけていきましょう。

 

 

そしてAIを学び、自らどんなAIが必要なのかを

 

選択できる人材になることが重要なのです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。