2月の有効求人倍率(厚労省発表)

厚生労働省が28日発表した1月の有効求人倍率(季節調整値)は

 

前月比0.08ポイント低下の1.49倍となった。

 

新規求人倍率も2.04倍で前月比0.40ポイント低下。新規求人数(原数値)は前年同月比16.0%減で、

業種別では製造業の同26.1%減、

 

その他サービス業の同23.6%減、卸・小売業の同22.5%減などが目立った。

 

中国の景気減速を反映したと同時に、厚労省によると1月から求人票の記載項目が拡充され、

一部企業が求人提出を見送ったことも倍率低下の要因になった。

 

また、正社員の有効求人倍率(季節調整値)も前月比0.06ポイント低下の1.07倍となった。

1月の完全失業率は2.4%、前月比0.2ポイント悪化

総務省が28日発表した1月の就業者数は6687万人で、前年同月比59万人増、

85カ月連続の増加となった。

 

完全失業者は159万人で同7万人の減少、3カ月連続の減少となった。

 

この結果、完全失業率(季節調整値)は前月比0.2ポイント上昇の2.4%となった。

 

昨年10月と同じ水準。男女別では男性が2.4%、女性が2.2%。

 

形態別雇用者数では役員を除く雇用者5665万人のうち、

正社員は3516万人で前年同月より42万人増。

 

非正規社員は2149万人で同5万人減となり、非正規比率は37.9%となった。

非正規のうち派遣社員は142万人で同2万人増加した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

弊社サービスについてのお問い合わせはお気軽に!

株式会社スタンディング・オンの連絡先営業時間 8:30~18:00(月~金)

株式会社スタンディング・オン 【滋賀本社】〒520-2144 滋賀県大津市大萱1丁目18-14本郷ビル2F

  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けています。
  • 営業時間外にいただいたご連絡につきましては、翌営業日以降に対応させていただきます。